サンドブラスター【FORTE】

フォルテ MENU


forte-logo

フォルテ01

何ができるの? 

他のサンドブラスターと

どう違うの?

pre

rajin

koba

プレスセラミックの堀り出しから仕上げ
レジン床の石膏除去
金属の表面処理
全部に使えちゃうんです!!
(※フルセットの場合)

パワーを使うものから

繊細なものにまで使える

口コミで大人気

サンドブラスター

 

フォルテ 製品プロモーションビデオ

Slider

プレスセラミック


spece
プレスセラミック

掘り出しから仕上げまで

“約1分”でできる!

反応槽まで取れて、専用液は

要りません!

スピーディーに取れるのに 

チッピングしないと大好評!


ユーザー様の声(全5動画)

和田精密歯研㈱ 大阪工場

㈱センターラボ京葉

㈱六甲歯研

㈱札幌デンタルラボラトリー

㈱シケン 高松支店

previous arrow
next arrow

ArrowArrow

Slider

 

レジン床の石膏除去


デンチャー

レジン床の石膏除去

に最適!

人工歯が削れることなく

石膏だけ削れると大好評!


ユーザー様の声(全2動画)

岩井デンタルオフィス

㈲備北歯科技工研究所

previous arrow
next arrow

ArrowArrow

Slider

海外での撮影(全1動画)

レジン床の石膏除去 (海外での撮影)

Slider

 

金属の表面処理


金属床

spece

内面の奥深くまで

リン酸塩系埋没材

取りづらいCo-Cr合金の酸化膜

気持よく除去できると大好評!


社内撮影 (全1動画)

金属の表面処理 (社内撮影)

Slider

実際にお使いの
【先生方の声】

先生方の声【ALL】先生方の声【1】先生方の声【2】先生方の声【3】先生方の声【4】

※各項目をクリックしてください。

voice-4
voice-1
voice-2
voice-3

voice-4

プレスセラミックの
ブラスト作業の時間短縮が
出来ました!

Forte_syou

point26 point27 point28
当社では、以前からプレスセラミックの掘り出しおよびサンドブラスト処理を行うのに最新の注意をはらいながら、時間をかけていました。特に薄いマージン付近にサンドをあてる時にはマージンのチッピングを避けるため、エアー圧の調整を何度か行いながら少しずつ埋没材を取り除いていました。ところが、サンドブラストフォルテを使ってみますと、ストレスなくプレスセラミックの掘り出しから仕上げまで出来ました。
フォルテにはエアー圧の調整機能の他に噴射濃度調整器というユニークな装置がついており、ビーズの噴射濃度を調節する事により、プレスセラミックの掘り出しから仕上げ作業まで、 以前に比べ大幅な時間短縮が出来ました。サンドブラストの作業まで、以前に比べ大幅な時間短縮ができました。

また、チッピングの心配が無くなり、安心してサンドブラスト作業が出来、ストレスを感じる事が無くなりました。
以前のサンドブラスターは、ガラス製の窓でしたので、サンドで傷つけてしまうと見えにくくなっていましたが、フォルテは窓用フィルムをワンタッチで交換できるためいつでもクリアーな視界でサンド処理が出来るため、細かい所の当残しも無くなりました。
掃除面においても手入れのやりやすい構造になっているため簡単にできます。今ではなくてはならない一台です。


spece㈱六甲歯研様

voice-1

“義歯の研磨にも__
___有効利用できる”

Forte_syou

point11 point12 point14 point13 point15 point16 point17
フォルテの便利なところは、まずペンブラスターのペン先を4種類の太さから選択することができ、それに加えてビーズの噴射量をそれぞれに調整できることです。ペン先とビーズの噴射量を組み合わせることでメタルの処理だけでなく、義歯の研磨にも有効活用できます。

人工歯間や歯頚部のバーやポイントの使いにくい部分にも使用することで、わずかに残った石こうやバリなども簡単に取除くことができ、細部の仕上がりも良くなります。
できる限り削りたくない粘膜面にも有効で、バーを使用するよりもレジン表面を傷めることなく石こうのこびりつきをきれいに処理できます。
これらには、GO-Sを0.5mmのペン先で0.15Mpa程度でブラスティングするのが効果的と考えます。硬質レジン歯、アクリルレジン歯、床用レジンにはほとんど悪影響を与えません。

もう1つのペンブラスターにはAB-Sを使用して前装面のメタル処理に使用しています。従来品ではマージン部分がわずかに剥がれることがありましたが、噴射量の調整とペン先の選択により繊細な加工が可能なフォルテを使用するようになってからは皆無になりました。

各部の細かい調節機能を備えたフォルテは、使い方の応用が拡がるサンドブラストです。
※表をクリックすると大きく表示されます。

スーパーペンノズルの表

voice-2

“切削能力が非常に
高いため
ストレス無く
埋没材が消えていくので
驚きました。”

Forte_syou

point11 point12point13 point14 point15
今までは、埋没材を除去し表面を荒らす処理にも酸化膜の取り残しが多く、何度も席を立ってはサンドブラスト処理を繰り返していました。
フォルテを使用してみると、切削能力が非常に高いためストレス無く埋没材が消えていくので驚きました。ただ強力なだけではなく繊細な面も持ち合わせており、色々な要求にも答えてくれるタフなサンドブラスターですね。
砂を噴射すると今までは巻き起こった粉塵でよく見えなかったのですが、効率よく粉塵を吸引してくれるため中が明るく見やすくなっています。
拡大鏡を置いても使えるので、スーパーペンによる精密な作業でもよく見えるのでミスが無くなりました。
ビーズの噴射濃度を調整できるので人工歯についた石こうをとるのはもちろんのこと、人工歯に傷をつけずにレジンのバリ取りにも使っています。
歯冠修復においては象牙質の構造や、表面性状の付与や鋭利になった狭線のボカシにおいても、このスーパーペンはビーズの噴射濃度の適正な調節ができるので今までにない正確な処理が可能となり繊細な形態を形成していけるので大変便利です。
ノズルも丈夫で長持ちなのでとても重宝して毎日使っています。なくてはならない一台になりました。

voice-3

“痒いところに手が届く”
そんなブラスターが
やっと現実になりました。

Forte_syou

point21 point22 point23 point24 point25
私のラボで使っているサンドブラスターはガラス窓を通して使用するため、いくらマイクロスコープを覗いて精密な作業を心がけていてもブラスティング時は視界が遠くついつい漠然と作業を行ってしまっているのが現状です。
しかし、このサンドブラスト・フォルテはそんな曖昧な作業時に極めて正確で信頼性のおける作業を約束してくれます。いくつかその特長を挙げてみます。
まず、スーパーペンノズルは噴射する砂の量が調節可能です。空気圧の調整機能は至極当たり前ですが、空気圧を弱めてブラスティングする場合、従来ならノズルから砂がバサッとこぼれ落ちたり、不均一に砂が噴射され均一なブラスト面を得ることは困難でした。
その点スーパーペンノズルはビーズ濃度調整ツマミによってミスト状のブラスティングが可能になり全体からピンポイントまで正確なブラスティングが可能になりました。
スーパーペンノズルのチップもネジ式で簡単に取り替えることができ、 これらは我々ユーザーが待ち望んでいた機能だと思います。
また、メンテナンス面においてもアクリル窓の内面に厚めのクリアフィルムがセットされていて、万が一アクリル面にノズルで砂を噴射して傷をつけた場合

でもフィルムを交換するだけで常時クリアーな視界でブラスティングすることができます。
清掃面においても工夫がなされ、本体内部の基底面をすり鉢状に仕上げてあることによって、内部の砂や埋没材のかけらなどを、基底部のキャップを取ることによってストレス無く、バキュームを使用せずにきれいに取除くことができます。
まさに我々の“痒いところに手が届く”そんなブラスターがやっと現実になりました。ぜひ一度お好みで、しかも正確なブラスティングを体験してもらいたいと思います。

オーディック独自の

噴出濃度調整器


噴射濃度

一般的なペンシルブラスターは、圧力をあげるとビーズの濃度も濃くなるという、単純な比例線上でのパワー調整しかできません。
スーパーペンノズルは、オーディック独自の【噴射濃度調整器】を搭載。これにより、ブラストパワーの調整に噴出ビーズの濃度調整という新たな“力”が加わりました!!
パワー調整に広がりができ、今までにないブラスト処理が可能です。

spece

スーパーペンノズルから

噴出するビーズの濃度イメージ


噴出するビーズの濃度を可変できる「噴出濃度調整器」と、ノズル毎に独立装備した「圧力調整器」の組み合わせで、ポーセレンやコバルトに溝が彫れるというパワフルな作業からプレスセラミックやレジン床の繊細な作業(下図参照)まで可能になりました!!

spece

パワーフィールドの差 にご注目!!


  (下のグラフをご参照ください)

サンドビーズ図


【機器一覧表】


ds-serio-s

spece


フォルテ 【仕様】


ds-serio-s

最新情報はコチラ

カタログ請求